オーディオストックの審査がいまだによくわからない

オーディオストックの審査、結構厳しいとの評判ですね。
よく落とされんですが、いまだに基準がよくわかりません。
自分の他の(審査を通った)音源と比較して、なんでこっちはOKでこっちは落とされるんだろう?
と思うこと多数です。
審査を担当される方によって違うんでしょうかね。


先日落とされたエレキギターの音源は、「曲の末尾辺りのノイズ」を指摘いただき、
「ご調整いただいた上で再登録をお願いいたします」
ということだったので、該当箇所を修正して再登録したところ、
「品質が基準を満たしていないためオーディオストックでの掲載を見送らせていただきます」
という連絡が来たので、これはちょっと頭に来ましたね。

「品質が基準を満たしていない」のであれば最初の時点で指摘すべきですし、
再登録を促したのであれば、その修正箇所について可否を判断すべき。
審査担当者が複数いて、全然引き継がれてないということですよね。
関連記事
スポンサーサイト